報道

経営管理研究科 仏エセックと協定締結~両校の学位同時取得可能に

 9月5日、慶應義塾大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)とフランスのESSEC Business School(エセック)がダブルディグリー制度の協定を結び、パリで調印式が行われた。

 今回の協定締結により、双方のカリキュラムが融合。通常のMBA学位取得にかかる2年間だけで、慶應とエセック両方のMBA学位を取得することが可能となる。

 対象となるのは、両校のMBA課程1年生の成績優秀者。慶應ビジネススクールとエセックそれぞれが最大3名を選抜。選抜された学生が2年次に相手校のMBA過程で1年間学び、両校の修了の要件を修めた場合に2年間で両校から正規のMBA学位を授与される。

 今回の協定締結で、正規科目のMBAカリキュラムに加え、語学力や異文化対応力など多くの素養が求められるため、国際感覚と広い視野と専門知識をもつMBA取得者の養成が目指される。

関連記事

  1. 米プリツカー賞に 妹島和世客員教授 建築界のノーベル賞
  2. 日吉で環境週間実施~キャンパス内でエコ企画施行
  3. 植村元教授不起訴に
  4. CEATEC JAPAN開催 幅広い業種の見本市へ
  5. SFCでグーグル特別講義 メディアの本質に迫る
  6. 安西塾長 APRU副会長に選出~
  7. 利根川進氏が来塾 ノーベル賞への道を語る
  8. 「慶應が楽しいと思ってもらえるように」第5代塾生代表 山田健太氏…
PAGE TOP