SFCの研究を発表 「安住なき先駆」テーマに

SFC Open Research Forum 2010(ORF)が先月22日と23日に、六本木アカデミーヒルズ40で開催された。ORFは、SFC研究所で実施している研究プロジェクトの現状と将来計画を産業界・官公庁・自治体・学会などに広く紹介することにより、外部の評価を得て今後の研究計画に反映させていくためのイベント。
 小川克彦ORF実行委員長は「第15回を迎えた今年のテーマは『安住なき先駆』。SFCがこれからも新しい住処を求め、常に移動し、そこで一つの大きなものをつくり、また移動するという、未来向きのテーマだ。これまでの20年より、この次の20年を目指してやろう、という意味合いを持たせている」と説明している。
 今年の特徴は、昨年に比べてセッションの数が増えたことだ。プレミアムセッションでは、鳩山由紀夫元首相が「『新しい公共』と日本の社会ビジョン」で自らが掲げた新しい公共という言葉に込める思いを語った。また、三木谷浩史・楽天株式会社代表取締役会長兼社長は村井純環境情報学部長と「グローバル社会の人材育成」というテーマについて対談した。
 研究会の展示ブースは約140設置された。それぞれ技術、社会、環境、人間の4つの分野に分かれ、日ごろの研究成果を発表した=写真。