スポーツ

野球部、連覇ならず

東京六大学野球秋季リーグ戦の優勝決定戦が今月3日、神宮球場で行われ、慶大は早大に10―5で敗戦。春季リーグ戦優勝と併せての春秋連覇は達成されなかった。
 優勝決定戦が行われることになったのは、早慶戦で慶大が早大に2連勝し、勝ち点4で早大と並んだため。優勝決定戦では、早大エース斎藤の好投の前に、慶大打線は7回まで無安打と沈黙。8回裏に5得点を奪い猛追するも、投手陣の崩れによる大量失点を覆すことはできなかった。
=関連記事 優勝決定戦で敗れる 連覇にあと一歩及ばず

【総評】投打の軸が成熟する来季こそ春秋連覇を

関連記事

  1. ラクロス全日本準優勝 ~善戦も王者奪回ならず
  2. 《甲子園という魔物》(第9回・終)足し算もできなくなった決勝逆転…
  3. 《特集》塾生が見る平昌オリンピック
  4. [野球]早慶戦 まさかの逆転負け 46年ぶりの三連覇逃す
  5. [バスケ]関東バスケットボールリーグ戦 まずまずの滑り出し 一部…
  6. 連覇に向け好発進
  7. 気持ちを作れずに到達した3位入賞〜トーナメントレポート
  8. 早稲田戦三回戦 ~完全優勝 目前で達成ならず
PAGE TOP