優勝決定戦で敗れる 連覇にあと一歩及ばず

優勝決定戦の試合後、応援席へ挨拶に向かう慶大の選手たち
優勝決定戦の試合後、応援席へ挨拶に向かう慶大の選手たち

 東京六大学野球秋季リーグ戦は早大が優勝し、慶大は春秋連覇達成出来なかった。明大に2勝1敗で勝ち点を奪い、迎えた早慶戦でさらに2連勝。50年ぶりの早慶による優勝決定戦へもつれ込んだが、投手陣の乱調により、大量失点で敗れた。             
(内田遼介・野々山智文・劉広耀)

 
明大第1戦野村攻略できず完封負けを喫す
慶大は明大エース野村を攻略出来ず、完封負けを喫した。
 慶大の先発は竹内大。「調子は悪くなかった」と捕手の長崎が語ったように、不運な内野安打などもあって、9回4失点とまずまずの出来。
 一方、打線の相手は明大エース野村。野村の内角に食い込む直球と打者の前でぎりぎりに落ちるチェンジアップに対処出来ず、沈黙した。7回に伊藤(環3)と奥橋(環4)の安打で走者1、2塁とチャンスを作るも、あと1本が出ず、チャンスを生かせなかった。結局、9回散発5安打、無得点に終わった。
 
明大第2戦投打かみ合い1勝1敗に
明大第2戦は、慶大が3本塁打などで猛攻、8―0で明大を下した。
 慶大が流れをつくったのは1回表。先頭打者の2人が三振するも宮本真(政3)が1号本塁打を左翼へ放ち明大エース西嶋から先制、その後4回までに4点を奪う。続く5回には伊場(政3)が「負けられない試合での一発。気持ちが入った」と語った今季2号となる3ラン本塁打を放ち、試合を決定づけた。
 一方、先発となった福谷(理2)は6回を3安打無失点と好投。のちのマウンドを山形(政1)、金子(環1)、そして守護神田中宏(環4)に託し明大打線を完封した。試合後福谷は、「無失点でも、3四球という内容はよくなかった。また修正していかないと」と謙虚な姿勢で振り返った。
明大第3戦逆転勝利で望みつなぐ
慶大は4―3と逆転勝利で明大を下し、優勝の望みをつないだ。
 3点を追う4回、慶大は渕上(法4)の初安打を皮切りに3連打で満塁のチャンスを作ると、伊藤の犠飛で1点を返す。続いて伊場(政3)の適時打などで、第1戦で攻略出来なかった野村を捕らえ、6安打を放ち、3―3と試合を振り出しに戻す。5回には相手のバッテリーミスに乗じて、逆転に成功。
 守っては先発の竹内大をリリーフした福谷が丁寧な投球で、明大の強力打線の前に回無失点に抑え、勝利に貢献した。
 試合後、湯本主将は「本当に今日はベンチ入りしていない選手まで含めた全員一人ひとりが頑張った結果」と笑顔で試合を振り返った。
早大第1戦竹内大好投初戦を制す
2連勝しないと春秋連覇の可能性が消える慶大。緊迫したムードの中、投げては竹内大が好投し、攻撃では早大エース斎藤から数少ないチャンスを生かして、2―0で初戦を制した。
 試合は初回から動いた。今季打撃好調の慶大先頭打者の渕上が斎藤の真ん中低めの直球をライトスタンドへ運び、先制。その後斎藤の前に攻撃の糸口をつかめない慶大だが、6回に高尾の適時打で追加点を挙げた。
 慶大の先発投手は竹内大。春季リーグで最多勝投手のタイトルを獲得するも、今季はなかなか勝ち星に恵まれない。しかしこの試合では今季絶好調の早大打線に再三走者を出すも、持ち前の粘り強さと丁寧な投球でピンチを切り抜ける。結局竹内大は7回無失点と勝利に大きく貢献した。
 
早大第2戦投打かみ合い優勝決定戦へ
先勝して迎えた試合は、7―1で勝利した。
 慶大は初回、2つの四球からチャンスを作ると、四番の伊藤(環3)がライト前に運び、1点を先制する。
 その後、1対1の同点とされるが、3回に早大先発の福井優を攻めて2塁3塁とすると、この日3番に入った山﨑錬(商2)がライトスタンドに3ランホームランを叩き込み、勝ち越しに成功。続く4回には投手の福谷(理2)が2ランを放ち、早大を引き離す。
 先発の福谷は6回、1死満塁のピンチを迎えるが、渾身のピッチングで、この回を無失点で抑える。7回には、山﨑錬が今度はタイムリーを放ち、ダメ押し点を加える。
 結局、福谷は9安打を浴びながらも粘りの投球で9回を1失点。完投で今季5勝目を挙げた。福谷は「四球に気をつけて、ヒットは仕方ないと思って投げた。打撃の方も、今日は打てる気がした。今季の初ヒットがホームランで良かった」と投打の活躍を振り返った。
優勝決定戦意地見せるも猛追およばず
早慶両校による優勝決定戦は50年ぶり。慶大は8回に猛追するも、敗戦。春秋連覇達成とはならなかった。
 先発の竹内大は立ち上がりを攻められ、初回に3点を奪われる。その後も4投手をつぎ込んだが、好調の早大打線の前に踏ん張れず。結局被安打17、10失点と大炎上。
 一方、打線は早大エース斎藤の攻略に苦しんだ。左打者の膝元に落ちるスライダーと右打者への内角の直球を軸にテンポ良く抑えられ、7回まで無安打。8回になってようやく慶大に流れが来た。松本(環4)のチーム初安打をきっかけに伊藤の2点適時三塁打などで一挙5得点を奪い、斎藤をマウンドから引きずり下ろした。
 慶大は9回に投手を全て使い果たしたため、内野手の正木(商4)がマウンドへ上がった。四球や失策などで3失点となり、万事休す。

関連記事 【総評】投打の軸が成熟する来季こそ春秋連覇を