報道

新総務大臣に片山善博教授

今月17日に行われた菅直人首相による内閣改造に伴い、法学部政治学科の片山善博教授が総務相として入閣した。
 片山氏は1974年に東大法学部を卒業後、旧自治省に入省。99~07年にかけて鳥取県知事を務めた後、慶大法学部教授に就任。日吉・三田の両キャンパスで地方自治に関する講義などを担当し、研究会(ゼミ)も発足していた。
 今年度秋学期に片山氏が担当する予定であった「地方自治論Ⅱ」や「政治学Ⅱ」などの科目に関して何らかの変更措置がとられることは確実とみられるが、入閣に伴う今後の対応について今月20日現在、塾生に対する発表は確認されていない。

関連記事

  1. 慶應生協、個人情報を紛失 氏名・住所など9000人近くに上る
  2. 前総合政策学部長の小島朋之氏が死去
  3. SFC生協 レジ袋有料化を継続~浜中研究会 フォーラムで意見交換…
  4. 慶應義塾 横浜市に小中一貫校を開設~小学校設置は2校目
  5. 院生を逮捕 弁護士局部切断の疑い
  6. 園遊会 非公式でも開催もせず
  7. お知らせ
  8. 医学部開設100年 病との闘いは終わらない







PAGE TOP