CAMPUS IDOL

【CAMPUS IDOL】文学部社会学専攻2年 安井早紀さん

   すっかり桜の花が散ったキャンパス。「ずっと春が一番だったんですけど、花粉症になってからは夏の方が好きになりました」。今月のアイドル、安井早紀さんが初夏とともにやってきた。
趣味は読書と食べること。好き嫌いがない彼女は「小さい頃は食べ過ぎて親によく怒られました」と笑う。
ロンドンに住んでいたこともあって、短期留学を考えているという彼女。英米文学専攻に進むか迷っていたが、「その大変さで英語を嫌いになるのが嫌でした」と、高校の英語劇部でも親しんだ英語との付き合い方を話してくれた。
また、就職志望はメディア一本(特に裏方)だったが、最近ではいろいろな職業に目を向けられるようになったという。
理想の女性像は「また会いたくなる人」と笑顔で語る彼女は素直さも魅力的だった。もうすでに、また会いたい。
(線路沿イド)

関連記事

  1. 《コミュ障なんか怖くない》コミュニケーションの始め方とは 「伝え…
  2. 《夏の博物館・美術館特集》 モネ それからの100年(横浜美術館…
  3. 「将来の夢」の描き方、世界でちがう?
  4. 【もっと知りたい!慶應義塾の魅力】日吉の森、蝮谷
  5. 【慶大タウンキャンパス】産官学連携 学際研究の場 新川崎タウンキ…
  6. キャンパスのひとコマ 大雪@日吉
  7. 競走部 山縣 亮太 理想の走りを追い求める
  8. 【IT業界特集】日本オラクル株式会社
PAGE TOP