《MITASAI REPORT-2021》オフィシャルソングを歌うTetrapodd

「さあ 進もう」

その歌詞とともに三田祭は盛り上がりを迎える。4日間に及ぶ三田祭もいよいよ最終日。メインステージでは、三田祭オフィシャルソングを歌うTetrapoddのライブが行われた。

コロナ禍というイレギュラーな状況下で、ともに一つの希望に向かう。そして、それぞれが想いを紡ぎ、心をつなぐ。その先に立つ、何かを成し遂げようとするすべての塾生を象徴して名付けられた、三田祭オフィシャルソング「少年」。

塾生のみならず、目標に向かってともに進んでいく人々の姿を綴った歌詞とメロディが印象的だ。

他の観客とソーシャルディスタンスを保ちつつ、舞台に向かって手を振るなど、例年とは異なる形ではありながら、会場は盛り上がりを見せた。

オフィシャルソングの歌詞は、こう締めくくられている。

「さあ進もう ほら そこに見えている光へ 想いを紡ぎ 心繋いだ 途切れることのないチェーンが僕らをつなぐ」

塾生の心に、途切れることのないチェーンがつながった。

 

(大木一眞)