「デジミタ大会」開催される メインナビゲーターに櫻井翔さん

記念式典で挨拶する菅沼安嬉子慶應連合三田会会長

10月17日、2021年慶應連合三田会大会が開催された。全塾員(慶大卒業生)が集うこの大会は、「みんなでみらいへ」のスローガンのもと、「デジミタ大会」と銘打って初めて完全オンラインでの実施となった。

 

10年越しの卒業イベント、開催

メインプログラム第一部として、10時より記念式典が執り行われ、卒業50年を迎えた1971(昭和46)年卒業の塾員が日吉記念館に招待された。式典は新浪剛史大会実行委員長(サントリー代表取締役社長)による開会宣言に始まり、塾旗掲揚、塾歌の静聴、菅沼安嬉子慶應連合三田会会長の挨拶、伊藤公平塾長の祝辞に続き、50年前のキャンパスの様子がスライドショーで紹介された。鹿内徳行1971年三田会代表による挨拶の後、最後に若き血の音源が再生され、第一部は幕を閉じた。

メインプログラム第二部では、慶大の卒業生である嵐の櫻井翔さんがメインナビゲーターを務め、3時間の生放送が届けられた。まず、東日本大震災の影響で卒業式ができなかった2011年卒の塾員と当時の塾長である清家篤学事顧問による「10年越しの卒業記念イベント」が行われた。EXILE/3代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典さんらが参加し、塾生当時を懐かしんだ。

 

櫻井翔さん「エンターテインメントには誰かの背中を押す力がある」

第二部では連合三田会大会恒例の福引抽選会や、元ラグビー日本代表の廣瀬俊郎さん、元プロ野球選手の高橋由伸さんら塾員アスリートによるスポーツ企画が配信された。

さらに第二部では、オーケストラ活動を通じて復興支援を行っている「東北ユースオーケストラ」によるコンサートも開かれた。櫻井翔さん、弘中綾香さん、弘竜太郎さんのトークとオーケストラの音楽で、震災後10年を振り返り、これまでの10年、そしてこれからの10年について考えるイベントとなった。

スポーツ企画に出演する石井大裕アナウンサー(右)と廣瀬俊郎選手(左)

最後は櫻井翔さんによる閉会の挨拶が行われた。震災直後、嵐による数々の復興支援活動を振り返り次のように語った。

「エンターテインメントには誰かの背中を押す力がある。そう信じて東京のスタジオから歌を届けました。私たち嵐とスタッフの思いは『どうか被災地に笑顔が届きますように』というただ一つでした。復興はいまだ道半ばです。災害が起きた時、自分は何ができるのか。今日の1日が考えるきっかけになったことを願ってやみません」

その後、東北ユースオーケストラにより「花は咲く」と、塾員が選ぶ慶應義塾の歌ランキング第1位となった「塾歌」が演奏され、大会は幕を閉じた。

演奏する東北ユースオーケストラ

当日の生配信イベントのほかにもさまざまな事前収録プログラムが配信された。また、チャットツール(spatial chat)を使った同窓会やオンラインショップを利用した模擬店など、オンラインを利用したさまざまな新しい企画が実施された。地理的な制約からこれまで参加できなかった海外や地方に住む塾員も、手軽にイベントに顔を出すことができるようになった。

なお、当日は技術的なトラブルもあった。福引抽選会ではシステム障害があり、当選賞品の引き換えが中止となった。システムは10月25日に復旧し、賞品引き換え期間も10月31日まで延長された。

 


当会より読者の皆さまへお知らせ

本紙11月号では、連合三田会大会に出演されました櫻井翔さん(嵐)、岩田剛典さん(EXILE/3代目 J SOUL BROTHERS)のインタビュー記事が掲載されます。

ぜひとも多くの方々に紙面を読んでいただきたいため、11月号は一般に特別発売する予定です。詳細は後日告知いたしますので、今しばらくお待ちください。


 

[PR]