ダンスで伝える

《ダンスで伝える》言葉以上に人を動かす

 

言葉は思考をつくる。うれしい、と一概に言ってもどれくらい、どのようにうれしいのかは、状況や人によって異なる。それを「うれしい」という、たった4字で表わすのが言葉である。人は、言葉によって他人の気持ちを想像することしかできない。言葉で伝えられることは限定的なのである。

他方で、言葉を必要としないダンスもまた、伝達手段のひとつである。舞台で見せるダンサーの真剣さや努力する姿、身体的パワーに圧倒される。会話をしたわけではないが、観客は時に笑顔になり、時に涙する。観客がダンサーに共鳴する瞬間である。

SNSが流行するネット社会は言葉で溢れ、人は言葉に翻弄されている。部活、テレビ、MV、ミュージカルなどにおけるダンスブームが注目される現在。ダンスという、原始的で言葉を超越した表現方法に、人々は、魅力を感じているのではないか。ダンスは時に、言葉以上に人の心を動かすことができるのである。

(松尾美那実)

関連記事

  1. 【留学生スポットライト】第3回 カナダ出身 カルメン・ラムさん
  2. 《熊本特集2018》熊本城の眺めを思う
  3. 創設者・福澤諭吉の精神を引き継ぐ自然科学教育
  4. 正しい知識で夏越える
  5. 存在を知ることから 難民かけはしプロジェクト
  6. 【多事創論】これからの大学教育を考える 元駐米大使 藤崎一郎氏
  7. 【SOPHIA × KEIO】【Web特集】塾生に聞いた! キャ…
  8. 楽しむことから始まる 留学
PAGE TOP