「就活ルール」廃止決定 今後は政府主導へ

経団連は今月9日、企業の採用活動に関して定めた指針を廃止することを正式に決定した。現在の指針は20年入社の学生まで適用される。

今後は経団連に代わり、政府が主導して新たなルール作りをする。

政府は21年春入社については現行ルールを維持する方針を示している。