[写真リポート] U20世界ラグビー選手権~準決勝ハイライト

6月17日、ラグビーのU20(20歳以下)世界ラグビー選手権第4日が各地で開催された。

秩父宮ラグビー場(東京都港区)で行われた予選プール各組1位のチームによる準決勝は、第1試合で前回のウェールズ大会優勝のニュージーランドが、オーストラリアに31-17で快勝。第2試合では、前回大会準優勝のイングランドが南アフリカを40-21で下し、ニュージーランドと共に2大会連続の決勝進出を決めた。

この結果、21日の決勝戦(於:秩父宮ラグビー場、15:00~)は、ニュージーランド vs. イングランドという、前回大会と同じ顔合わせになった。

また、名古屋市瑞穂公園ラグビー場で行われた13~16位決定戦で、予選プールB組4位の日本は、同C組4位のイタリアと対戦するも、15-21で惜敗。
21日に行われる15、16位決定戦で、ウルグアイ(同A組4位)と対戦することが決まった。

今回の世界選手権には、日本代表として慶應義塾大学蹴球部所属の仲宗根健太君(総2)が出場している。
仲宗根君に関する情報は弊紙7月号に譲るとして、ここでは6月17日に秩父宮ラグビー場で行われた、予選プール各組1位のチームによる準決勝2試合の模様を写真付きで紹介しよう。

準決勝1試合目、U20ニュージーランド代表 vs. U20オーストラリア代表戦の前半、相手をハンドオフで突き放しながら前進するニュージーランドWTBザック・ギルフォード(写真右)。この試合で2トライを記録、今大会通算6トライとなり、堂々のトライラン��ングトップ(準決勝終了時点)に躍り出た。将来、WTBダグ・ハウレット(元ニュージーランド代表)のような、「オールブラックス」を背負って立つ選手になれるか。彼の今後に要注目だ【慶應塾生新聞会】
準決勝第1試合、U20ニュージーランド代表 vs. U20オーストラリア代表戦の前半、相手をハンドオフで突き放しながら前進するニュージーランドWTBザック・ギルフォード(写真右)。この試合で2トライを記録、今大会通算6トライとなり、堂々のトライランキングトップ(準決勝終了時点)に躍り出た。将来、WTBダグ・ハウレット(元ニュージーランド代表)のような、「オールブラックス」を背負って立つ選手になれるか。彼の今後に要注目だ【慶應塾生新聞会】
準決勝1試合目、U20ニュージーランド代表 vs. U20オーストラリア代表戦の前半、ラックから味方にパスを送るオーストラリアSHリチャード・��ンギ(写真��央)。準決勝終了時点で総合得点ラン��ング第2位。得点能力の高さもさることながら、この試合では適確かつ素早い球出しが光った【慶應塾生新聞会】
準決勝第1試合、U20ニュージーランド代表 vs. U20オーストラリア代表戦の前半、味方にパスを放るオーストラリアSHリチャード・キンギ(写真中央)。準決勝終了時点で総合得点ランキング第2位。得点能力の高さもさることながら、この試合では適確かつ素早い球出しが光った【慶應塾生新聞会】
準決勝1試合目、U20ニュージーランド代表 vs. U20オーストラリア代表戦の前半、相手のタックルを振りほどき、突破を図るニュージーランドFB��ビー・��ビンソン。後半には、ニュージーランドの決勝進出を決定づける華麗なトライを決め、秩父宮の観衆を沸かせた。「ニュージーランドの才能豊かなバックスが我々を上回った」とは、試合後のオーストラリア主将HOダミアン・フィッツパトリックの弁。「今回の(大会に出場している)選手はとても若いが、何人かは将来オールブラックスに入るだろう」(デーブ・レニー・ニュージーランド代表監督)。前出のWTBザック・ギルフォードと共に、この年代を背負っていく選手になりそうだ【慶應塾生新聞会】
準決勝第1試合、U20ニュージーランド代表 vs. U20オーストラリア代表戦の前半、相手のタックルを振りほどき、突破を図るニュージーランドFBロビー・ロビンソン(写真中央)。後半には、ニュージーランドの決勝進出を決定づける華麗なトライを決め、秩父宮の観衆を沸かせた。「ニュージーランドの才能豊かなバックスが我々を上回った」とは、試合後の オーストラリアHOダミアン・フィッツパトリック主将の弁。「今回の(大会に出場している)選手はとても若いが、何人かは将来オールブラックスに入るだろう」(デーブ・レニー・ニュージーランド代表監督)。前述のWTBザック・ギルフォードと共に、この世代を背負っていく選手になりそうだ【慶應塾生新聞会】
準決勝2試合目、U20イングランド代表 vs. U20南アフリカ代表戦の試合前の国��斉唱時、胸に手をあて真っ直ぐ前を見据える南アフリカ主将CTB��ベルト・エベルソン(写真右端)。A代表は、2007年ラグビー・ワールドカップ・フランス大会で優勝。若年層の育成も着々と進み、今大会でも優勝候補����であったがイングランドに惜敗。「自分たちを律する心が足りなかった」(エベルソン主将)。前半リードを奪いながら、後半に退場者を出しモメンタム(試合の流れ)を相手に渡すなど、ゲームマネジメントの面で稚拙さを露呈した【慶應塾生新聞会】
準決勝第2試合、U20イングランド代表 vs. U20南アフリカ代表戦。試合前の国歌斉唱時、左胸に手を当て真っ直ぐ前を見据える南アフリカCTBロベルト・エベルソン主将(写真中央)。A代表は、2007年に開催されたラグビー・ワールドカップ・フランス大会で優勝。若年層の育成も着々と進み、今大会でも優勝候補筆頭であったがイングランドに惜敗。「自分たちを律する心が足りなかった」(エベルソン主将)。前半僅差でリードを奪いながら、後半に退場者を出し、結果モメンタム(試合の流れ)を相手に渡すなど、ゲームマネジメントの面で稚拙さを露呈した【慶應塾生新聞会】
準決勝2試合目、U20イングランド代表 vs. U20南アフリカ代表戦の後半、逆転のトライを決め雄叫びを上げるイングランドLOジェームズ・ギャスクル(写真��央)。イングランドはLO、FL、NO.8の5人がすべて190cm以上という陣容でFW最強国・南アフリカに挑んだ。前半こそ劣勢を強いられたが、後半「自分たちのラグビーを展開し」(イングランドSO��ーリ・クレッグ)逆転に成功、見事勝利を収めた。「(日曜日のU20ニュージーランド代表との決勝戦は)観客の皆様にとってもファンタスティックなゲームになると思う」(マーク・メイプルトフト・イングランド代表ヘッドコーチ)。昨年のウェールズ大会の決勝で惨敗を喫した(●3-38)相手との再戦に、ヘッドコーチも心躍らせていた【慶應塾生新聞会】
準決勝第2試合、U20イングランド代表 vs. U20南アフリカ代表戦の後半、逆転のトライを決め雄叫びを上げるイングランドLOジェームズ・ギャスクル(写真中央)。イングランドはLO、FL、NO.8の5人すべてを190cm以上で揃え、FW最強国・南アフリカに真っ向から挑んだ。前半こそ劣勢を強いられたが、後半「自分たちのラグビーを展開し」(SOローリー・クレッグ)逆転に成功、見事勝利を収めた。「(日曜日のU20ニュージーランド代表との決勝戦は)観客の皆様にとっても、ファンタスティックなゲームになると思う」(マーク・メイプルトフト・イングランド代表ヘッドコーチ)。昨年のウェールズ大会の決勝で惨敗を喫した(●3-38)相手との再戦に、ヘッドコーチも心躍らせていた【慶應塾生新聞会】

(2009年6月18日更新)
取材 慶應塾生新聞会・大学ラグビー取材班(安藤)