企画

《コミュ障なんか怖くない》おわりにかえて

ここまで「コミュ障」という言葉を中心にコミュニケーションを考えてきた。

3名の話を振り返ってみよう。それぞれのお話のキーポイントを述べるとすれば、精神科医の水島広子さんは「相手に対するネガティブなイメージを取り払うこと」、コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんは「相手に共感すること」、そして、コピーライターの佐々木圭一さんは、「伝え方には技術があると知ること」であろう。

3名のお話から共通して言えることは、とにかく行動に移さないと始まらないということだ。自分の殻に閉じこもらすに、他者と関係を取り結ぶ勇気を持つことが大事だ。そしてその伝え方は「自分本位」であってはならない。必ず相手の心を想像することが必要である。

また、一つ言えることは、「コミュ障」とははっきり定まった概念ではないということだ。その人の頭の中で、勝手に「自分はコミュ障だ」と決めつけてしまっているのである。

「伝える」ために乗り越えなければならないステップは、それなりに多いかもしれない。しかし、あなたは本当に「コミュ障」なのだろうか。そもそも「コミュ障」とはネガティブなことなのだろうか。「コミュニケーションがうまくとれない」、そう悩んだところから出発した人は、自分に足りないものと向き合っている証である。そして、その足りないものを補うことで、新しい自分と出会えるきっかけを掴んだのだ。さあ、あなたの大切な人と、そして大切な自分と、向き合ってみよう。

(下村文乃)

関連記事

  1. 武雄市図書館 新しい図書館のカタチ
  2. あじさいの季節は鎌倉へ 見どころMAP 北鎌倉・長谷エリア
  3. 《いま、メディアの未来を考える》多機能化で時代に対応 共同通信社…
  4. 《くらしのデザインA→Z》(6)信号機
  5. 【KEIO 150】第二部 塾員との150年(4) 作曲家 千住…
  6. 就職の先を考える 「イクメン」塾員 伊集院弘和さん
  7. 《「ミステリーの頁」へ、ようこそ|ART COLUMN》二十世紀…
  8. 【三田祭速報】おいしくフェアトレードを学ぶ ふぇあかふぇ







PAGE TOP