報道

近代日本と慶應スポーツ 体育会1‌2‌5周年記念で

特別展「近代日本と慶應スポーツ―体育の目的を忘るゝ勿れ―」が11月28日から12月13日まで三田キャンパス東館8階ホールにて開催された。これは、今年で創立1‌2‌5周年を迎えた体育会の記念事業の一環で今年4月に日吉で行われた第1回目の展覧会に次ぐ第2回目である。

今回の展覧会は、慶應義塾大学のスポーツ史にスポットを当て、福澤諭吉ゆかりの品や、早慶戦の発端となった早稲田大学からの挑戦状、塾生の獲得したオリンピックでのメダル、戦後の占領下で禁止された武道教育復活の嘆願書類など、体育会だけでなく、日本の近代スポーツ史においても価値のある品々が展示されている。

12月27日に行われた内覧会では、長谷山彰塾長ほか3名がスピーチを行い、長谷山塾長はその中で「三田キャンパスは福澤先生が学生とともにスポーツを楽しんだ慶應スポーツ発祥の地である。このような地で展覧会を開催することは意味深い」と述べた。

入場無料、各日午前10時から午後6時まで、最終日のみ午後5時まで。

関連記事

  1. 「生命の回路図」開発 研究者間の情報交換を促進
  2. 消費増税 再延期の影響は
  3. 池田教授に紫綬褒章
  4. 慶大サッカーサークル 4人が沖に流される
  5. ロシア語でロシア文化を伝える ロシア語フェスタ
  6. 新大学院、教員発表~竹中平蔵教授ら就任
  7. ゴールドマンサックス証券・持田氏 理想のリーダー像を語る
  8. 相互接続実験に成功~山中研究室
PAGE TOP