新たな憩いの場 福澤公園改修

今春、三田キャンパスの福澤公園が改修された。
福澤公園は、三田通りに面する東門から入り左側の坂を登りきったところにある福澤諭吉の旧居跡。福澤記念園として昭和22年に設けられた。
その後、1958年に義塾創立100年を記念した南校舎の建設と、それに伴う正門の南側への変更のため、車道用地として記念園の敷地が大幅に切り取られ、現在のような小庭園となった。
公園内には昭和46年に建てられた福澤諭吉終焉之地記念碑があり、福澤先生の閲歴を記した撰文が刻まれている。
今回の改修でベンチが増設され、憩いの場として利用する塾生の姿が多く見られる。