WEB限定記事

【三田祭速報】伝統の寄席で情緒ある世界を 落語研究会

趣のある寄席を披露

趣のある寄席を披露

人であふれる三田キャンパスの中で、着物を着て勧誘している人がちらほら見られる。落語研究会の会員だ。三田祭中は、毎日10:00~18:00、第一校舎の122教室で寄席をやっている。

戦後から続く伝統的なサークルで、現在は男女合わせて32名で活動している。三田祭での発表は会員全員が参加しており、入学から半年の1年生も一人で舞台をこなす。演目はオリジナルを作ることもあるが、古典をやることが多いそうだ。しかし、古典もそのまま演じるのではなく、現代の感覚や言葉遣いに合わせて工夫をこらしている。

週1回の練習とは思えないほど趣のある素晴らしい語り口だった。練習の成果は、三田祭公演のほか、老人ホームや小学校でも発表しているそうだ。人混みや勧誘で疲れてしまったとき、足を運んで、寄席の世界に浸ってみたらどうだろうか。
(山下菜生)

関連記事

  1. 《MITASAI REPORT-2019》慶應筋肉図鑑によるマッ…
  2. 《甲子園という魔物》(第3回)絶叫実況「慶應サヨナラー」 甲子…
  3. 《MITASAI REPORT-2018》ラップの早慶戦 ZEE…
  4. 《夏の博物館・美術館特集》最終回「ともだちは、みんな、ここにいる…
  5. 【WEB速報】慶大、優勝 東京六大学野球秋季リーグ、7季ぶり35…
  6. 【震災特集2016】留学生が見た3.11
  7. 【三田祭速報】東北への想いを一つの絵に
  8. 【六大学野球】優勝遠のく痛い連敗







PAGE TOP