報道

東急線 終電繰り下げ

利便性向上を狙う

東京急行電鉄は10月30日、東横線・田園都市線で試験的に終電を繰り下げ、運転時間を延長することを発表した。今回の運用は深夜時間帯の沿線交通を確保することが目的で、利用者のさらなる利便性の向上を図る。

12月6日・13日・20日・27日の各金曜日、計4日間で実施される。今回の試験運用で変更点は、東横線では2つ。今までの終電であった渋谷発24時47分発の列車の終着駅が元住吉駅から横浜駅に延長される。

さらに渋谷発下り列車が2本増発される。増えるのは25時00分発菊名行きと、25時20分発元住吉行きの各駅停車2本。これらの変更により東横線の渋谷駅での最終列車は30分以上繰り下がり、25時20分の発車となる。

関連記事

  1. 創立150年記念大運動会、開催~幼稚舎生から大学院生まで参加
  2. 1年間の成果を発表 アカスキコンペティション開催
  3. 同意得ず個人情報提供 リクナビ、AIで「内定辞退率」算出 
  4. 塾生代表 秘書制度始まる 3人が起用
  5. 学生団体の公認条件 役職者のe-learning授業履修を追加
  6. サラヤ社長が来塾 供給地目線の経営語る
  7. 南極隕石が教えてくれたこと 隕石の権威、小島氏来塾
  8. 市民発の映画『未来シャッター』をSDMで公開







PAGE TOP