企画

脱毛サロンでつるつるお肌に

腕まくりしても心配なし

服で肌が隠れる季節になって、女の子たちは肌ケアを怠っていないだろうか。特に女の子が怠りがちになるものの一つは脱毛処理。季節関係なくいつでも気にせず肌を出せるように、脱毛サロンの銀座カラーに通っている文学部3年のえみさんに話を聞いた。

腕と足の脱毛処理を銀座カラーで受けているえみさん。脱毛サロンに通う前は定期的に自分で脱毛処理をおこなっていた。しかし脱毛をする回数と、一回一回にかかる手間と時間にどうしても困っていたそうだ。そこでサロンに通い始めることを決意した。すると手間がかからないようになり、時間を有効活用できるようになった。

腕と足の脱毛をしたいと思ったのは、「普段から人に見られる部分だから」と当時を語るえみさん。また、腕まくりをするのが彼女の癖。秋冬に肌が見えない服を着ていても、気付かずにどうしても腕を見せてしまうことがある。服で見えないと思って脱毛処理を怠っており、不意に腕まくりなどをして肌を見せてしまえば…。

えみさんが銀座カラーを選んだ決め手―それは「足と腕の両方がセットの学割プランを見つけたから」だと話す。他のサロンでは腕と足とがセットになっているプランはなかったそうだ。脱毛部位が広範囲にわたるとどうしても高価格になり、脱毛サロンに通うのを断念してしまうことはないだろうか。銀座カラーでは、広範囲である腕と足の脱毛をセットにして学割プランで提供している。.

脱毛を始めて「肌のつるつるさを友達から不意に褒められることがある」と嬉しそうに話してくれたえみさん。銀座カラーでは、施術前に保湿ローション、施術後にはヒアルロン酸・コラーゲンなど美容成分たっぷりの保湿ミストシャワーで肌を徹底ケアする。これにより、脱毛した肌を傷める心配はなく、たっぷり潤って健康的な素肌へと導く。

限定割引が効く学生時代である今こそ、一度脱毛サロンに通ってみてはいかがだろうか。(しもりえ)

関連記事

  1. 【留学生スポットライト】第4回 香港出身アネット・シャムさん
  2. 【メディアの次世代―インターネット編―】慶大大学院メディアデザイ…
  3. 片山教授に聞く裁判員制度 「国民に近い司法の実現を」
  4. 早慶戦の始まり、戦争へ~戦地に向かう学生へ
  5. 現代思想とメディア1~「幻想としての他者」とは何か
  6. 実践、スロービューティ~外見が全てではない自分らしくキレイに
  7. 【CAMPUS IDOL】法学部法律学科2年 伊吹幸子さん
  8. 夏を賑わすロックフェス
PAGE TOP