報道

慶大医師団に感謝状

先月16日、慶應義塾大学病院(以下慶大病院)が被災地において行った医療救護活動の功績に対して、東京都知事から慶大病院に感謝状が贈呈された。

慶大は日本大震災に伴う医療支援のために「慶應義塾救援医療団」を結成。東京都と協力し、2011年3月17日―5月3日の間9回にわたって宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市、福島県相馬市に慶大病院の医師・看護師・薬剤師・事務職員を延べ29人派遣した。

感謝状の贈呈は東京都庁第一本庁舎で行われた。

関連記事

  1. 2019年度入学式 今年度もパシフィコ横浜で開催
  2. 手話言語学を学ぶワークショップを開催
  3. 第四校舎独立館利用開始へ
  4. 《今さら聞けないニュースの前提》シリア内戦 複雑化する勢力分布
  5. 教員46名、慶大を後にする 定年退職者が発表
  6. 《違法サービスはなぜ生まれたか ルポ・内定辞退予測》(上)合否・…
  7. 18年度慶大生就職率 高水準を維持 コンサル業界への人気増加
  8. 端艇部創立120周年記念式典
PAGE TOP