WEB限定記事

前総合政策学部長の小島朋之氏が死去

 3月4日、前総合政策学部長の小島朋之氏が神経膠芽腫(こうがしゅ)のため慶應義塾大学病院で死去した。64歳だった。
 6日の正午ごろから小島教授の棺を乗せた車がキャンパス内の周回道路を回り、最後のお別れが行われる。告別式は11日の午前11時から東京都の青山葬儀所で。
小島教授は1991年に総合政策学部の教授に就任し、2001年から2007年まで同学部の学部長を務めた。

関連記事

  1. 「アテネ・シンポジウム」開催 メトロ・パブリックアートを展示
  2. SFCα館、改修工事は終了 増築工事は10月末まで
  3. 【CNN】株式会社ロボット 阿部氏講演
  4. 第12回LEAP‐G 体育会が私にくれたもの
  5. 《MITASAI REPORT-2018》日本舞踊研究会「宝」国…
  6. 慶大、ワクチン接種21日より始まる 会場では特段の混乱なく
  7. 子宮筋幹細胞の解析に成功~医学部生理学教室
  8. アカデミック・スキルズ 1年間の成果を発表
PAGE TOP