慶大野球部投手 福谷浩司選手・竹内大助選手

慶早戦への思いを語る福谷選手(左)と竹内選手(右)
慶早戦への思いを語る福谷選手(左)と竹内選手(右)
 今季も慶大投手陣の二枚看板としてチームに欠かせない存在である福谷浩司選手(理3)と竹内大助選手(環3)。昨年は春秋連覇こそ逃したものの、慶大の躍進に大きく貢献した両投手。慶早戦でも多く登板し、経験豊富な2人が慶早戦への意気込みを語った。

―慶早戦の意味とは。
福谷「他の試合より多くの人が入りますし、そういった人たちに感動してもらえるような試合をしたいっていうのが一番にある。そういう意味でも特別な試合だと思う。今年も去年のような試合がしたい」
竹内「OBや現役選手にとっても特別で負けられない試合になると思うが、かといって入れ込みすぎずにあくまでリーグ戦の1カードと捉えている」

―今年は投手陣を引っ張っていく立場になると思いますが。
福谷「先輩方からも来年は頼むぞといわれているので、それに恥じないように引っ張っていけたらいいと思っている」
竹内「周りのピッチャーよりも経験が多いので、去年させてもらった経験を生かして、今年は中心としてやっていけたらいいと思う」

―去年の新人戦では慶大が優勝しました。後輩の台頭はいい刺激になりますか。
福谷「新人戦で活躍した2年生の2人(菊池、金子)はもちろんだが、そのほかにも試合に出ていない選手で結果を残せる人は揃っている。確かにプレッシャーはあるが、一緒にレベルアップしていける良き仲間だと思っているし、先輩後輩関係なく成長してけたらいい」
竹内「自分のことよりチームが勝てればいいと思っている。今は特別に意識はしていない」

―3人の好投手が抜けた早稲田の投手陣の印象は。
福谷「名前だけ聞いたらすごい選手が揃っていると感じるが、僕たちが戦うのはピッチャーではなくバッターなので、そこは去年とは変わらない気持ちでやりたい」
竹内「まだ見ていないのでよくわからないが、去年と同じようにやるだけ」

―今年の具体的な目標は。
福谷「具体的に数字を出すとすれば、去年春秋に達成できた10試合登板。それだけ監督に信頼されるピッチャーでありたいと思う」
竹内「今は調子を落としているが、自分にできることを精一杯してチームの勝利に貢献したい」

―最後に慶早戦への意気込みは。
福谷「優勝決定戦として迎えられるのであれば絶対に勝って優勝したい。たとえすでに優勝が決まっていたとしても、多くの方がいらっしゃるので、少しでも元気づけられたらと思っている」
竹内「絶対に負けられませんし、(応援の方々に)負ける姿は見せたくない」
―ありがとうございました。
(聞き手=野々山智文、齊藤貴仁)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは