【特集】現地で感じた、熊本の現状

慶應塾生新聞会は2017年3月8、9日に熊本を取材してきました。

熊本地震から1年経った今、熊本に何が起きているのか。
どこが復興して、何が足りていないのか。
住民の方が感じていることとは。

東京に住む大学生の目線でお伝えします。

熊本は、いま。

現地の大学生に聞いた、熊本での暮らし

慶應塾生新聞の記者たちのレポート

自然の力と人間の強さ (長谷川裕一)

元の姿となる日を心待ちにして (青木理佳)

暮らしにあった復興の姿とは (小宮山裕子)

人々の気持ちに目を向けて (石田有紀)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは