【三田祭速報】飲食と遊びの融合空間「ダーツ&カフェ」

ダーツに挑戦する塾生新聞会員
ダーツに挑戦する塾生新聞会員
 様々な飲食模擬店で賑わう第一校舎の中で、他店とは一線を画した模擬店がある。それがダーツサークルArrowsが営業する「ダーツ&カフェ」だ。
 この店の最大の特徴とは、何より店内でダーツに挑戦できることだ。3投1ラウンドで行うダーツゲームを300円で2ラウンドすることができ、その得点結果によって異なる景品がもらえるという仕組みである。ダーツ未経験者でも最初に投げる練習をさせてもらえるので、気軽に取り組むことができる。
 飲食物はワッフルとオレンジジュースセットが250円。ワッフルとカクテルセットが450円で販売されている。カクテルはノンアルコールのものなので、未成年者や車で来場された方も気軽に飲むことができる。またワッフルもおいしく堪能でき、カフェを楽しみに来るだけでも満足できる店である。
 飲食提供だけの店は三田祭では多く出店されているが、ダーツという遊びの要素も取り入れた店というのは意外に少ない。来客者がダーツに挑戦する人を眺めながら会話を交わす和やかな空間がそこにはあった。
(小林知弘)



『ダーツ&カフェ Arrows@第一校舎132教室』