報道

大友啓史氏が来塾 「竜馬伝」の制作秘話語る

演出家の大友啓史氏が先月13日、湘南藤沢キャンパスにおいて、藤田修平研究会主催講演会「私の映像制作論」で登壇した。
 大友氏は慶大法学部の卒業生で、昨年日本中に社会現象を起こした大河ドラマ「龍馬伝」や映画「ハゲタカ」など、数々のヒット作を生み出してきたNHKを代表する演出家である。
 本講義では「龍馬伝」のメイキング映像を題材に、制作にあたってのエピソードを披露した。
 大友氏は明治維新の立役者である坂本龍馬を大河ドラマで描くにあたって、「自分たち自身が龍馬になり、龍馬とともに変わっていく」ことをコンセプトに映像を制作していったという。
 幕末に生きた人物をより鮮明に映し出すために、テレビドラマでは常識となっているカット割りをやめ、最初から最後まで芝居を通して撮影するなど、これまでの大河ドラマの常識を一新した。
 講演の終盤には、大友氏が以前制作した1分ドラマの映像集の放映や学生との質疑応答が行われ、非常に充実した講義となった。

関連記事

  1. 17年度慶大生就職結果 就職率は高い水準を維持 サービス業上昇
  2. 三田祭前夜祭ライブ 今年はスキマスイッチ
  3. 震災学術シンポ開催 五百旗頭氏らが復興計画語る
  4. 【三田祭速報】2016年度ミスター慶應は川口潤さんの手に 準ミス…
  5. 祝勝会に3000人集う
  6. シェドマイユ氏に名誉博士号
  7. ドキュメンタリー番組を映画化 中村 俊喜さん
  8. フランス法特別講座~仏民法学者が教鞭
PAGE TOP