WEB限定記事

【三田祭速報】大人も子供もみんな笑顔!

子どもも大人も惹きこまれる紙芝居

子どもも大人も惹きこまれる紙芝居


 三田祭に来場するのは大学生や高校生がメインかもしれないが、小学生や幼稚園児などの小さな来場者も忘れてはならない。
 第一校舎107教室では児童文化研究会が、三田祭に来場した子どもたちのための企画を行っている。アトラクションの種類は人形劇、影絵劇、工作・実験教室、紙芝居などさまざま。着ぐるみを着た部員が入口で子どもたちを楽しませている。
 今年から配っている風船が子どもたちに大評判だ。「風船を渡した時に、素直に見せてくれる無邪気な笑顔がとてもうれしい。そういう喜びがやりがいです」と三田祭担当代表の長山あかねさん(商3)は語る。
 劇や紙芝居の道具、ストーリーはすべて部員が考えて手作りしている。自身が子どもたちに伝えたいことを中心に作るそうだ。
 大人だけでなく、小さな子どもも楽しめる三田祭。子どもたちの笑顔が印象に残る。
(潮田裕子)



『児童文化研究会@第一校舎107教室』

関連記事

  1. 【ミスター慶應2017】Entry No.6 小山諒さん (経済…
  2. 第四回後編 まだまだ間に合う!本選考解禁でスタートダッシュを切る…
  3. 【バスケWebレポート】関東トーナメントvs大東文化大~敗戦から…
  4. 《甲子園という魔物》(第4回)「慶應のドカベン」と呼ばれた一塁コ…
  5. 【六大学野球】東大第2戦 乱打戦を制し、辛くも勝利
  6. 《MITASAI REPORT-2019》くだらないことを全力で…
  7. 【速報】ラグビー大学選手権~トライ奪えず、優勝逃す
  8. 【三田祭レポ】榎並大二郎氏、テレビ現場を語る 塾生新聞会
PAGE TOP