大学院 政メに新コース創設

慶大大学院政策・メディア研究科が「環境イノベータ育成プログラム」を創設し、2012年春に開講する。
「環境イノベータ」とは、グローバルな地球温暖化問題を都市・地域・事業などのローカルでとらえ、環境ビジネス、環境建築・計画、環境政策などの方面からアジア・アフリカにおける適応・緩和の対策を横断的に追求し、個益(事業)センスと公益センスを兼ね備えた、イノベーティブな国際的環境リーダーのこと。
世界経済の中心がアジア地域にシフトする中、アジアと世界のための環境研究の推進、および政府の実施する新成長戦略に実現に貢献できる人材の育成を目指すという。
本プログラムは様々な分野、国の大学学部出身者、社会人・社会人経験者などを対象にしており、大学院政策・メディア研究科の入試制度が適用される。詳細はSFCのホームページで確認できる。
本プログラムの創設に関する取り組みは、文部科学省が実施する2010年度科学技術振興調整費アジア・アフリカ科学技術協力の戦略的推進の「戦略的環境リーダー育成拠点形成事業」に採択されたもの。