U2のボノ氏に名誉博士号授与

 5月27日、アイルランドの人気ロックバンドU2のボーカルであるポール・デービッド・ヒューソン(ボノ)氏に対し、三田演説館で慶應義塾大学名誉博士称号が授与された。

 名誉博士称号授与の推薦理由について国文良成法学部長は、ボノ氏がU2のリードボーカルとして音楽活動を続けながら、国際的な慈善活動家として精力的な活動を展開し、アフリカ貧困撲滅やエイズ対策支援のために多大な貢献をしていたことを挙げた。本学の名誉博士号取得者は、昭和28年以来、67人目。 

 授与式に続き、西校舎ホールで「地球的課題への挑戦―アフリカの貧困・エイズ」という題目でボノ氏の講演会が行われた。講演の中で、ボノ氏は学生に向けて次のように問いかけた。「アフリカでは、わずかな薬で救えるはずエイズ患者が、毎日4000人以上死んでいます」「先進国が責任を果たさずにグローバル化の利益だけを得ていてよいのでしょうか」―。その上で、世界に対する好奇心を持つことの大切さを説き、日本政府に対してシヴィルソサエティーを担う一員として政策を後押しすることを力強く求めた。

 西校舎ホールの会場は超満員で学生が入りきらなかったため、他の教室にも特設ライブ中継会場を設けた。またこのイベントは日吉キャンパスと湘南藤沢キャンパスにもライブ中継された。合わせて約1600人の学生が参加したとされる。

 ボノ氏は2002年にはアフリカの貧困とエイズを撲滅することを目標に掲げたNGO・「DATA」を開設。2004年にはアメリカを拠点とする貧困撲滅のための草の根運動である「ONEキャンペーン」、2006年にはボビー・シュライパー氏とともに画期的なエイズ対策基金REDを設立した。ONEキャンペーンの功績により、2002年からの5年間で180万人の命を救ったといわれる。