報道

SFC生協割引~塾生が企画考案

 6月23日から27日にかけて、SFCでは「にぎにぎクーポン」というキャンペーンを実施した。

 キャンペーン内容としては、生協と協力し、閉店間際に売れ残ったおにぎり、サンドウィッチ、お弁当等を割引価格で売り、その広告を携帯電話で配信するというもの。

生協の売れ残りは全て廃棄処分される。厳網林研究室の金澤隼人さん(総3)はこの現状に着眼し、改善を試みようとキャンペーンを実施した。キャンペーン前で売れ残るおにぎりは平均83個。キャンペーン中は26個になるという成果が出た。

 金澤さんは、「この5日間のキャンペーンを生かし、来期も行いたいので、是非気軽にエコ活動に参加してほしい」と話した。

関連記事

  1. ペンマークバス入選
  2. ダートマス大学教授 バルデス氏が来塾
  3. 第12回LEAP‐G 体育会が私にくれたもの
  4. 日吉で留学フェア開催 来往舎に1300人集う
  5. NHKディレクター講演
  6. 慶應義塾 電通とセカンドライフ共同研究~同空間内にキャンパス設置…
  7. 日吉第5校舎が解体 解体後の跡地は庭園に
  8. 歴史散歩アプリを開発 







PAGE TOP