報道

テキサス大主催 コンテスト 慶大生チーム優勝 アジアで唯一の参加

10月30日、31日の2日間に渡ってIdea to product (I2P) global competition 2009(テキサス大学オースティン校設置講座Murchison Chair of Free Enterprise主催)が行われ、松井智世さん(総3)、武谷洋至郎さん(環4)、深井瑛子さん(総3)、小島慶介さん(総1)が参加した「antibacterial」チームが、テクノロジーアントレプレナーシップ部門1位(Technology Entrepreneurship Society Global Champion)を獲得した。
技術を商業化することをテーマに2003年にスタートしたこのコンテストは、コンテストを通じた学生の成長を重視したもの。今回世界各国から15チームが参加。「antibacterial」チームは、アジアで唯一の参加であった。

関連記事

  1. 日仏研究拠点を設立~情報学分野で連携
  2. WHO中谷氏が講演 国際保健の現状と展望語る
  3. 7月31日より 夏期スクーリング開講
  4. 全塾協議会再選挙 ウェブ投票の導入を検討
  5. 【三田祭速報】2014年度ミス慶應 角谷暁子さん(文2)に決定
  6. 学生部がハガキラベル作成 話し合いは継続の見通し
  7. 慶應メール 新システムに変更
  8. SFC未来構想キャンプ開催 高校生向けワークショップを実施
PAGE TOP