WEB限定記事

【三田祭速報】華麗な奇術を目の前で披露

 第一校舎123教室では、奇術愛好会によるマジックを体験することができる。
 会員の手つきと話術は実に鮮やか。目の前で繰り広げられる不思議な現象の数々に、見た人はきっと誰しも驚くことだろう。
 会員たちは、最初はトランプを切るところから始めて、毎日練習に励んできたという。
 このブースでは、クロース・マジックといって、お客の目の前でマジックが披露される。トランプを使ったマジックや、フォーク曲げなどを見ることができる。テレビなどを通してみると、疑いたくもなってしまうが、目の前でフォークがグニャグニャと曲がってしまってはこの事実を信じざるを得ない。
 普段はなかなか、目の前で生のマジックを見ることはできないので、マジックに興味がある人にとっては絶好の機会である。最終日の23日には西校舎527教室のステージ上でマジックを披露する。舞台マジックでは鳩も飛び出すという。この機会に、不思議なマジックの数々を自身の目で確かめに行ってみてはどうだろうか。

 

 『ステージマジック/奇術愛好会@第一校舎123教室』                   (毛利友理香)

関連記事

  1. 【特別インタビュー】佐々木三男ヘッドコーチ・1番を目指すバスケッ…
  2. ビットコインとは何か 仕組みと利点・欠点を考える
  3. 《MITASAI REPORT-2018》落語研究会 気軽に楽し…
  4. 《甲子園という魔物》(第3回)絶叫実況「慶應サヨナラー」 甲子…
  5. 《東京語る。》無意識に染み込む「東京」と異国の音楽 音楽家・細野…
  6. 《2020年司法試験》慶大125人合格 合格率はわずかに50%に…
  7. 【三田祭速報】モツ鍋で福岡の魅力を知ろう
  8. 【六大学野球】早大第2戦 投手陣の奮起むなしく打線沈黙
PAGE TOP