WEB限定記事

《MITASAI REPORT-2020》オフィシャルソングで飾られながら、オンライン三田祭開幕

11月22日午前10時、史上初のオンラインでの試みとなる第62回三田祭が開幕した。毎年、数多くの観客を魅了するメインステージでのパフォーマンスは、YouTube Liveなどを通じて、リアルタイムで配信される。そのメインステージの序章である開会式は、オフィシャルソングライブで飾られた。

まずは、昨年度第61回オフィシャルソング、魅惑ハレーションの「ミッドナイトドリーマー」で開会式の幕が開けた。SNSでは「まじで好きな曲!」「歌うまいしかっこいい」などの声が聞かれ、大いに盛り上がりをみせた。

魅惑ハレーションボーカルのシキさん

 

開幕式のおおとりを飾るのは、3人組バンドThe Laab mooだ。三田祭までの軌跡をまとめたPVが流れたあと、1曲目に「ゆらゆら」を、2曲目に「秋めく」、3曲目に「ぼくたちのうた」、そして最後に今年度のオフィシャルソングである「リユニオン」で締めくくった。

 

4曲とも曲の雰囲気が大きく異なり、今までThe Laab mooを知らなかった人もこのステージで虜になったこと間違いなしだ。

3人組バンド The Laab moo

三田祭前、「オンライン開催でも自分たちがやるべきことは変わらない。積み重ねてきた努力を、画面越しで視聴者に届けたい」と力強く語っていたThe Laab moo。

「大画面でイヤホンをつけたらライブそのもの」という声も聞かれたように、オンラインでありながら、不思議と目の前でライブを鑑賞している気分にさせられるのが、The Laab mooの魅力だといえよう。

 

「オンライン開催であっても三田祭は学生のエネルギーが渦巻いている舞台であり、変わらずその熱気を伝えたい」と語っていた三田祭実行委員長の柴田健一さん。その言葉通り、メインステージでは今年度も例年とは遜色ない、いやそれ以上の熱いパフォーマンスが繰り広げられるだろう。

 

今日と明日の2日間、三田祭から目が離せない。

 

 

オンライン三田祭特設サイトはこちらから

https://www.mitasai.com/online-mitasai/

 

(水口侑)

関連記事

  1. 慶應観世会 お能の道を志す者同士の絆
  2. 高まる必要性 日本漢字能力検定 「漢字力は生涯の財産」
  3. 就職活動特集・上 味の素
  4. 慶大卒イラストレーター・foxcoさん 自分で人生を切り開く力
  5. 《東京いろは》『東京人』編集長に聞く、「東京を描く」とは
  6. 留学生注目 ビジネス日本語能力テスト
  7. 【塾生と健康】知っていますか? 慶大の医療給付金制度
  8. 《MITASAI REPORT-2019》日本テレビアナウンサー…
PAGE TOP