報道

SFC Open Research Forum(ORF)開催 今年の学生の関心は

SFC研究所は先月22日、23日に研究発表イベント「SFC Open Research Forum(ORF) 2017」を東京ミッドタウンで開催した。研究成果を社会に還元し、産官学連携にさらなる発展をもたらすことを目的としている。22回目となる今年は1‌0‌8の出展団体による約2‌2‌0のプログラムが紹介された。
 
今年のテーマは「LAB IS THE MESSAGE 実験する精神」。研究者は「ないものは、つくる」という態度で実社会の現実問題に向きあい、実験をおこなう。ORFはそのような実験のありようを公開し、「世に問う」場所としての役割を果たす。
 
研究会では学生が主体的に研究テーマを定めるため、展示には今年の学生の関心が表れている。今年話題になったIoT(モノのインターネット)技術や3Dプリンターの活用技術などが多く見られた。
 
高汐一紀研究室ではユーザーとの交流を通して性格を変化させるロボットを開発している。ユーザーの態度を支配と服従、拒否と保護の2つの尺度から分類。その分類に基づいてロボットの性格が変化する仕組みだ。今後ロボットの普及が予想されるなか、愛着をもちやすくするシステムとして期待される。
 
また、セッションも催され、活発なディスカッションや質疑応答が行われた。

関連記事

  1. 復興のためのシンポ開催 林氏・猪口氏らが講演
  2. インターネットエコノミーは経済危機を救えるか
  3. 《熊本特集2018》思い込みを止め、「復興」を見つめ直す
  4. アカデミック・スキルズ コンペティションを開催
  5. 「安保法案」と「学問の自由」 有志らが討論 先月19日に法案成立…
  6. 《熊本特集2018》熊本城の眺めを思う
  7. レジ袋有料化試行 7月以降も継続決定 日吉
  8. ワグネル日伊交歓訪問演奏 創立150年記念事業に
PAGE TOP