報道

銀玉×銀魂 コラボ企画始動

日吉駅のシンボル「銀玉」とアニメ「銀魂」のコラボ施策が実施中だ。
 
慶大生の間でも定番の待ち合わせスポット「銀玉」こと「虚球自像」は、1995年、三澤憲司氏によって製作されたモニュメント。今回は名前の響きが同じであることから、週刊少年ジャンプの人気漫画が原作のアニメ「銀魂」とのコラボレーションを果たした。
 
東急電鉄の公式ツイッターアカウント(@Tokyu_lines)は現在、東急沿線へ足を運んでもらうことを目的に、「銀魂」登場キャラクターが沿線巡りをする様子を発信している。またスタンプラリーが開催されており、東急線沿い5駅に設置されたスタンプを集めると、ゴールの日吉駅で達成賞のポストカードがもらえる。スタンプラリーの開催期間は9月18日(月・祝)まで。
 
東急電鉄は昨年、アニメ「おそ松さん」とのコラボも実施している。今後もアニメに限らず、沿線に興味を持ってもらえるような施策を行っていきたいということだ。

関連記事

  1. 義塾戦没者を追悼 創立150年機に塾員企画
  2. 織り姫とひこ星出会う日に七夕祭 SFCで開催、随所で伝説表現
  3. 近代日本と慶應スポーツ 体育会1‌2‌5周年記念で
  4. 2014年度 4学期制導入を決定
  5. コリア・グローバルフォーラム 福田元首相らが登壇
  6. 生体肝移植に成功 慶應義塾大学病院 複雑心奇形は世界初
  7. 三浦しをん氏が講演 林業の魅力を語る
  8. ラグビーと大義で挑むドラマ制作 「異端のすゝめ」福澤克雄氏、登壇…
PAGE TOP