報道

3学部で出題ミス 追加合格者も

慶大は、2月12日に行われた理工学部入試の「英語」と2月16日に行われた法学部入試の「地理歴史(日本史)」、2月18日に行われた環境情報学部入試の「数学または情報」および「数学および外国語」のうち「数学」、「数学または情報」の「情報」において、出題に不備があったと発表した。

理工学部の「英語」では、英文中の単語の表記に誤りがあった。しかし、「解答を導く際のプロセスを考えると正解には影響がない」として、採点および合否判定には特別な配慮は行わないと発表した。法学部の「地理歴史(日本史)」では、2つの問題で選択肢の中に正答が存在せず、全受験者への加点措置をとった。環境情報学部の「数学または情報」および「数学および外国語」のうち「数学」では、設問の説明が不十分であったとし、当該箇所について、「数学」受験者全員に加点措置をとった。環境情報学部の「情報」では4つの問題で正答が複数あったことが判明し、当該箇所について再度採点処理を行った。その結果、1名の追加合格者が出た。

いずれについても、慶大はホームページ上で謝罪している。

関連記事

  1. 矢上祭が開催
  2. 慶大教授、環境問題論じる ~150年記念シンポジウム
  3. 無料ルーズリーフ配布始まる ~三田に専用ラックを設置
  4. HAPP主催「09→10」展
  5. 【Campus News Network】オックスフォード大聖歌…
  6. 学費 わずかに値上げ
  7. 第8回庄内セミナー開催 「生命」を考える4日間
  8. 第12回LEAP‐G 体育会が私にくれたもの







PAGE TOP