秋の六大学野球 優勝に向け薄氷踏む

法大第2戦で本塁打を放った山口(環4)

5季ぶり優勝を目指す慶大は東大、明大、法大との対戦を終え、4位で前半戦を折り返した。

東大戦では、加藤拓(政4)の六大学野球リーグ史上24人目のノーヒットノーランもあり2連勝で勝ち点を奪い幸先の良いスタートをきった。

ノーヒットノーランを達成した加藤拓也
ノーヒットノーランを達成した加藤拓也

プロ注目の両右腕の対決となった明大第1戦では、慶大打線がプロ注目投手、柳の前に1安打に抑え込まれ、先発の加藤も明大打線に数少ないチャンスを確実にものにされ3失点、大事な初戦を落とす。第2戦目も慶大は序盤に課題の投手陣が4失点。大久保監督が「明大に対して勝つためにはロースコアのゲーム展開に持って行かなければならなかった」と話すように最後まで序盤の4点が重くのしかかり、打線も散発4安打に抑えられ、屈辱的な2試合連続完封負けを喫した。

法大戦初戦では中盤まで4点のリードを奪い試合の主導権を握るも終盤に追いつかれ痛恨のサヨナラ負けを喫し優勝に暗雲が立ち込める。嫌な流れで迎えた第2戦、投手陣が法大打線を1失点に抑える力投を見せる。打線も大量7得点と投手陣を援護し快勝で勝敗を五分に戻す。特に先発小原大(環4)は6回自責点0と好投を見せ、4年生の意地を見せた。星を五分に戻した第3戦では、加藤が1失点完投勝利。1戦目の雪辱を晴らす好投でエースの貫禄を見せ、勝ち点を奪った。

好投でチームの勝ち点に貢献した小原大樹
好投でチームの勝ち点に貢献した小原大樹

秋季から投手陣をリードする郡司(環1)は1年生ながら開幕から7試合連続スタメンマスクを被り、打っては打率3割と存在感を示している。9回に値千金の適時打を放った東大第2戦後「途中から抑えで出てきた加藤投手に負けをつけたくなかったので良かったです」とプレーだけでなく発言も1年生とは思えないベテランのようなコメントを残してくれた。大久保監督も「1年生だから元気よくやってもらっていいが甲子園、全日本代表を経験しているので経験もあり落ち着いてプレーしてくれている。今後の慶大を担ってもらいたいという思いもあるし可能性を感じて起用している」と期待を寄せる。昨季柳町(商1)の鮮烈デビューに注目が集まったが、郡司の後半戦の活躍にも目を離せない。
1年生ながら扇の要を担う郡司
1年生ながら扇の要を担う郡司

後半戦は立大、宿敵の早大戦と続くが法大第2戦からの勢いそのままに優勝戦線に切り込んでもらいたい。
(香西朋貴・世古宗大士)