報道

各学部ゼミナール委員会 全塾協議会に所属へ ゼミ費使途 健全性証明めざし

全塾協議会は、4月から各学部ゼミナール委員会が全塾協議会に直接加盟すると発表した。各学部ゼミナール委員会とは、文学部人間科学専攻・文学部社会学専攻・経済学部・法学部法律学科・法学部政治学科・商学部のそれぞれのゼミナールを束ねる、6つの委員会を指す。

各学部ゼミナール委員会は活動費として、傘下のゼミに所属する塾生全員からゼミ費を徴収し、三田祭での講演会や論文集の発行などに使用している。

各学部ゼミナール委員会が徴収したゼミ費 (2014年度)

各学部ゼミナール委員会が徴収したゼミ費
(2014年度)



しかし、本年度まで全塾協議会に加盟していたのは各学部ゼミナール委員会を統括する全塾ゼミナール委員会のみであり、徴収したゼミ費の用途が健全であるか、塾生の目にも明らかな形で保証される体制ではなかった。



4月からは、全塾生に対して開かれた公の機関である全塾協議会が監査を行うことで、支出用途の健全性を証明することができるようになる。全塾協議会事務局次長の髙井康佑さん(法3)は「本件は多くの学生にとっての利益となるだけでなく、各ゼミナール委員会にとっても自身の団体の健全性と透明性を塾生に向けて証明する良い機会になるだろう」とコメントした。

関連記事

  1. ハンナラ党代表が来塾 日韓関係の課題を提示
  2. 近代日本と慶應スポーツ 体育会1‌2‌5周年記念で
  3. 2011年度大学授業、半期15回に 年末は12月27日まで授業
  4. 復興のためのシンポ開催 林氏・猪口氏らが講演
  5. KBS第2回公開講座 アイドルの成功要因を企業にも
  6. 1、2年全員に奨学金給付~医学研究科博士 優秀な学生の獲得狙う
  7. 「第6回 科学とあそぶ幸せな一日」 親子で科学の楽しさ実感
  8. オープンキャンパス開催 多くの高校生が三田に







PAGE TOP