報道

高橋誠一郎名誉教授,歿後25年記念講演会~三田で開催

 6月8日、高橋誠一郎名誉教授の歿後25年記念講演会が、三田キャンパスの図書館旧館大会議室で催された。

 高橋誠一郎は明治17年に新潟で誕生した。福澤諭吉の思想に共感していた父の影響もあり、慶應義塾大学普通科に入学。卒業後は70年にわたって教鞭をとるなかで、経済理論や経済学史の研究を行った。昭和21年には空襲で負傷した小泉信三に代わって塾長代理を務め、翌年は文部大臣に就任。教育基本法や学校教育法の制定など、教育刷新に大きな貢献を残した。

 なお、同じく慶應が誇る学者である、池田弥三郎、西脇順三郎も本年で歿後25年を迎える。

関連記事

  1. 1月期全塾協議会 コロナ対策協議 -「感染予防」「会合避ける」呼…
  2. 《特集》平成生まれが見た、平成30年の記憶
  3. SFCで秋祭 研究会発表では電気自動車展示
  4. 《平成30年の記憶》「カリスマ美少女」を求めて 平成の女性アイド…
  5. 塾生1名が退学処分~大学に広がる大麻問題
  6. 薬学部 初の入試、高倍率に~雪による混乱なし 
  7. 塾生に放火容疑
  8. パリ政治学院と協定締結 ダブルディグリー・プログラム
PAGE TOP