喊声

喊声 12月号

活字が好きで、本が好きで、そして本を読む人の表情が好きだ。最初は恐る恐る覗き込み、いつしか夢中になって奥へ奥へと進んでいく。もう一つの世界はなかなか自分を離してはくれない。それが心地よくもあり、けれどときどき得体の知れない不安に襲われる

▼思えば小さい頃から本が大好きだった。母に読み聞かせてもらった記憶はいまだ色褪せることはない

▼大学生になった今、読むものは本にとどまらなくなった。雑誌、新聞、課題の論文。読めば読むほどその世界に入りこみ、帰ってこられなくなるような気がした。膨大な言葉の海に飲み込まれ、自分が誰なのか、何をしたいのか、何を考えているのか分からなくなる

▼寺山修司は言う。「わたしの存在そのものが質問なのだ。その答えを知りたくて生きてるんだ」。自分の存在を問い続けることが「生きる」ということ。自分を見失いそうになったとき、私たちはそこで膝を折ってはいけない

▼例年12月だった就職活動解禁が、2014年度からは翌年3月になった。大学3年生の私は、これから知らない人や言葉、世界に触れていく。期待も不安も一背負いに、明日も「生きて」いきたい。
(武智絢子)

関連記事

  1. 【CAMPUS IDOL】理工学部2年 向井久美子さん
  2. 喊声 2017年12月号 「うまく」生きる
  3. 《夏休みのハイライト》
  4. 喊声 2017年8月号 トンとかかとをおろしたら
  5. 喊声 10月号
  6. 喊声 6月号
  7. 慶大のおもしろ授業!第一回 「人文科学特論」
  8. 【多事創論】これからの大学教育を考える 名古屋大学総長 濵口道成…
PAGE TOP