報道

東ロボくん開発者が登壇 情報の教養学

開発経緯と成果を発表

国立情報学研究所が2011年に始まったプロジェクト「ロボットは東大に入れるか」の講演会が、先月18日に日吉キャンパスで開かれた。講演では同企画リーダーの新井紀子教授が、研究目的と成果を発表した。

今回をもって、全9回の教養研究センター主催の講演会「情報の教養学」は、本年度の最終回を迎えた。同講演では、一流の講師を招いて、人文系や技術系の「情報」を幅広い観点から紹介した。

*関連記事=「東ロボ君」研究の狙う先

関連記事

  1. 春学期のオンライン授業、見えた課題と新たな可能性
  2. 商学部 新プログラムを開講
  3. SFCで20周年記念式典 今後の方向性を模索
  4. 脊髄損傷のサル回復 医学部・岡野教授ら iPS細胞による治療
  5. 講演会に著名人続々
  6. 9月卒業式・入学式~三田キャンパスで行われる
  7. 大友啓史氏が来塾 「竜馬伝」の制作秘話語る
  8. 研究者夫妻と交流 結婚と研究の両立図るには







PAGE TOP