報道

連合三田会大会 荒天の中、塾員で賑わう

テーマは「今こそペンの力を!」

慶應連合三田会大会が先月20日、日吉キャンパスで開催された。大雨が降りしきる中での開催となり、横浜F・マリノス協力のサッカークリニックなど一部の屋外での開催イベントが中止になったが、多くの塾員で賑わった。

今年度の大会テーマである「今こそペンの力を!」には、震災からの復興を応援する意味も込められた。その一環として、千住明氏プロデュースの震災復興応援プロジェクトとして演奏会が開かれた。ほかにもスパリゾートハワイアンズによるフラダンスショーや、震災復興いわき市物産展なども催された。

日吉記念館では毎年恒例の豪華賞品が当たる抽選会が開かれ、会場は大いに盛り上がった。中庭に出店された模擬店にはあいにくの雨天にも関わらず多くの来場者が並んだ。

会場には、久しぶりの再会を喜ぶ塾員の姿が見られるなど、多くの塾員にとって慶大を懐かしむ場となった。

関連記事

  1. 文科省 強化事業に採用 国際競争力の向上狙う
  2. 《今月の一枚》真っ赤なブルームーン
  3. 新たな就活にどう対応すべきか 「今後の採用とインターンシップの在…
  4. ジョセフ・ナイ氏に名誉博士称号 外交・学術面で傑出した功績
  5. 情報の教養学講演会 データジャーナリズム 赤倉氏が登壇
  6. 今年度も園遊会中止 ~全塾協議会が決議
  7. 定年退職者を発表 教員39人が慶大を去る
  8. NHKディレクター講演
PAGE TOP