報道

慶大、山梨県などと連携~富士北麓での新価値創造へ

 慶應義塾は12月4日、山梨県、ならびに山梨県富士吉田市と連携協定を締結した。3者は富士山北麓の森林文化を基軸にしてこの地域から未来を先導することを目標とし、イノベーションによる新たな価値の創造とこれに応じた地域開発、及び国際社会に貢献する人材の育成を目指し、各々の持つ能力を発揮するため締結に至った。

 なお、この協定により義塾は主に知的価値の創出による貢献を行い、同地域への進出は予定していない。

関連記事

  1. 日仏研究拠点を設立~情報学分野で連携
  2. 医学部開設100年 病との闘いは終わらない
  3. 《働き方ケイカク》第4回 「セクハラは人権問題」声を大に
  4. 定年退職者を発表
  5. 適所にクリーンな地熱発電 NZの導入ノウハウを例に 環境シンポ
  6. 塾生代表選挙 立候補条件変わる
  7. 10年ぶりの伝統復活 慶應ラリー、日吉で開催
  8. 企業と広告商品開発 体感型の「テノヒラアド」 KMD
PAGE TOP