評論

【映画評論】「リンダリンダリンダ」

リンダリンダリンダ [DVD] 高校生活最後の文化祭、練習を重ねてきたガールズバンドが本番直前になって崩壊の危機に。そんな中、彼女たちはボーカルに韓国からの留学生を据えてブルーハーツのコピーをやることになった……!

 とにかく主人公たちが熱く、そして可愛い。また全編にわたって描かれている文化祭独特の「お祭り感」が、懐かしさとせつなさを感じさせるはず。「女子高生とブルーハーツ」という組み合わせも、一見すると意外に見えるんだけど、これが実によく合っていることがわかる。今の大学生にとってもブルーハーツは決してリアルタイムな存在じゃなかったんだけど、彼らはすでに時代を超えて歌い継がれるバンドになっているのだなぁ実感。

 見ていてとても楽しくなる1本です。テストが終わったらぜひ見に行きたいね。

(外山昌樹)

「リンダリンダリンダ」 
監督:山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織ほか
2005年7月23日(土)よりシネセゾン渋谷、吉祥寺バウスシアターほか全国順次公開

関連記事

  1. 【映画評論】ミリオンダラー・ベイビー
  2. 【名作探訪】吉行淳之介『美少女』 ~1975年 新潮文庫
  3. つれづれ評論 『何があっても大丈夫』 櫻井よしこ 2005年 新…
  4. 《夏の博物館・美術館特集》企画展「デザインあ展 in TOKYO…
  5. 【ART COLUMN】マリメッコ展
  6. 【名作探訪】舞城王太郎『煙か土か食い物』2004年 講談社文庫
  7. 劇団四季 『コーラスライン』
  8. 【つれづれ評論】映画『告白』2010年 東宝







PAGE TOP