報道

三田正門前に新施設~来年1月完成予定

 慶應義塾は創立150年記念事業のひとつとして「未来先導館(仮称)を含む南校舎建て替え事業計画」に伴い、既存南校舎を解体した後、新校舎を建設する。その際、新校舎建設期間中の代替教室確保などを主な目的として、南別館(仮称)を正門(南門)前旧駐車場跡地に建設することとなった。

 建物概要としては、鉄骨造・地上7階建て(地下なし)、延べ面積約3900平方㍍程度で、平成20年4月工事着手(予定)、平成21年1月工事完了(予定)で現在計画を進めている。慶應義塾管財部によると、この南別館(仮称)は代替教室としての利用後、ほかの用途にも転用可能なフレキシビリティを備えた建物となっているという。

関連記事

  1. 初の「山の日」迎える
  2. 【三田祭速報】2016年度ミスター慶應は川口潤さんの手に 準ミス…
  3. 慶大病院に新病院棟が開設 新たな医療を目指す
  4. 連合三田会大会 荒天の中、塾員で賑わう
  5. 小説家 辻井喬氏が来塾 知の本質や幸福論を語る
  6. ゲノムを実名で公開 日本初、解析結果の照合可能に
  7. ビジネススクール集結 MBAネットワークフェア開催
  8. 訃報 ~小島朋之君64歳
PAGE TOP