報道

7月31日より 夏期スクーリング開講

 2008年7月31日、慶應義塾通信教育課程主催の夏期スクーリングが開始された。

 このプログラムは通信課程の学生に対し、通信を手段とする自宅学習では習得困難な実験や実技、面接授業が必要となる科目の講義、加えて塾内での集団生活や課外活動を通じての豊かな人格形成の機会を提供することを目的としたもの。

 7月31日から8月25日を3期に分け、1、2期は日吉キャンパスで、3期は三田キャンパスで実施。授業、講義科目は、教員、内容共に通学課程と同様に開講されている。面接授業(スクーリング)は夏期、実験、体育実技スクーリングを皮切りに夜間、冬期体育実技スクーリングへと続いていく。

 通信教育課程は文学部、経済学部、法学部で開かれており、性別はもちろん年齢、バックグラウンドも多種多様な人たちが通っている。

関連記事

  1. 脳の非対称性が記憶機能に影響
  2. 慶大生がミス日本に
  3. 郵便事業会社 義塾題材の切手発行~創立150年で
  4. 第9回桜スポーツフェスタ 体育会の学生が地域交流
  5. 2016年度文学部公開講座 文学部の多様性と可能性を「体感」する…
  6. リーダースキルを部活に実践
  7. 21年度学部一般入試 共通テスト・外部検定試験 従来通り利用なし…
  8. 評議員改選 義塾最高議決機関の顔ぶれ変わる







PAGE TOP