《MITASAI REPORT-2019》華やかなジャグリングを披露 I-Wing

ディアボロで華麗な技を披露する演者

三田祭3日目のメインステージでジャグリングを披露したのはI-Wingだ。

雨が降りしきる中、多くの観客が訪れており、演者も歓声を浴びながらそれぞれの演技に熱中していた。

I-Wingは、2014年に結成されたジャグリングサークルである。サークルの大半は大学入学後にも関わらず、学生大会に出場経験がある。各々のペースでジャグリングを楽しみながら日々練習に励んでいるようだ。

リングジャグリングでは四つのリングを使い分け、空中に上げそれをキャッチする。屋外で行うのは不向きであるそうだが、風が強かったにも関わらず、見事に成功させてみせた。

ディアボロを宙に高く上げ、様々な体勢でキャッチする高度な技が決まる度に、観客から拍手と歓声が湧き上がっていた。

I-Wingは、24日もステージ公演を行う予定だ。演舞場で三味線とコラボしてジャグリングを披露する回とミニステージで行われるものがあり、本日来場されなかった方もまだまだ楽しめるチャンスがある。ぜひこの機会に演者と一体になってジャグリングを楽しんでみてはいかがだろうか。

(林ことみ・萬膳彩乃)