【慶應俳壇】第4回 ~鬼蜘蛛の尻の上下や獲物吸ふ~

本井英 選

鬼蜘蛛の尻の上下や獲物吸ふ

理3 稲垣秀俊

季題は「蜘蛛」。「鬼蜘蛛」は一メートルにも達する網をはる。その「鬼蜘蛛」が獲物を捕らえた折の様子。「尻の上下」、「吸ふ」にリアリティーがある。


あきつ発つ糸で引かれるやうにかな

経4 金子一平

「あきつ」は赤蜻蛉のこと。「糸で引かれる」に「あきつ」の飛びざまが描かれた。


捩花の捻れを指でなぞりをり

商学部講師 高橋幸吉

季題は「捩花(ねじばな)」。螺旋状にピンクの小花をつける。それを誰かが指でなぞっているのだ。


西瓜割り大人が割つてしまひけり

三田たから

「西瓜」が季題。子供に割らせようと、皆考えていたのに。


きよらかに桶をつたいぬ秋の雨

文学研究科修士1年 浜いぶき

夏が終わり秋になる。夏に降った雨はじめじめしたものだが、秋の雨はどことなくしっとりしたものだ。秋の雨を「きよらか」と形容した読み手の季節観が垣間見える。

塾生の方は、学部、学年を明記の上、以下のアドレス、住所にご応募下さい。OB・OG・教授の方は、卒業年度、所属学部を明記お願いします。何句ご応募いた だいても可。ペンネーム・匿名希望の方は、その旨を明記の上、keio.haidan@gmail.comまたは、〒108-0073東京都港区三田 3-2-1 弓和ビジデンス511まで。締切は6月25日。