三田祭

《ミスター慶應2019》Entry No.3 経済学部PEARL3年 ウッズ プレスコット礼

―コンテスト出場のきっかけは何ですか。
友達に勧められて出場を決めました。

―ご自身のアピールポイントはありますか。
大学入学までの間アメリカで暮らしていたこと、そのため英語を話せることです。実際、インスタグラムでは日本語はもちろん、英語も使って発信しています。
また、僕自身は日本とアメリカとのハーフですが、日本に住み始めたのが大学生になってからなので、日本で色々な挑戦をしようと思っています。そのやる気も皆さんに見てもらいたいです。

―今までにした一番大きな挑戦は何ですか。
やはり日本に来たことです。初めは、文化の違いに戸惑うことが多く、日常会話ですら大変でした。レストランでの会計すら難しかったです。でも、やる気を持って前に進む中でだんだんと日本の生活に慣れてきました。留学してみたい気持ちがありながら海外での生活に恐怖や不安を抱えている人に対して、「後悔しないから頑張ってほしい」と伝えたいですね。

―趣味や興味のあることはありますか。
音楽サークルでよく演奏するギターや、小学4年生から続けているサックスを吹くことです。また、飛行機にも興味があり、将来パイロットになりたいなって思っていたりします。

―好きな女性のタイプは何ですか。
自分から行動ができる、意志の強い人です。また、優しい人が良いなと思っています。

―最後に読者へメッセージをお願いします!
コンテストが始まり5カ月、長い間応援してくださった皆さんに感謝です。ぜひ、三田祭に来てください。

 

関連記事

  1. 【就職活動特集・下】パナソニック株式会社 「グローバルチャレンジ…
  2. 【就職特集2010】読売新聞社~まずは新聞を読むこと
  3. 【働く女性特集】女性が働きやすい社会へ
  4. 《大人になる、ということ》コミュニケーションの道具として お酒の…
  5. 《Jリーグ25周年》松本山雅FC 反町康治監督 開幕25年の変化…
  6. 《ポスト平成のジャーナリズム》ジャーナリズムに求められる「ファク…
  7. 《つるの屋》追悼・渡辺孝さん 塾生新聞に語った新店舗への想い
  8. 《特集》世界に挑む塾生
PAGE TOP