報道

塾生が世界陸上に 広瀨がリレーに出場

陸上の第13回世界選手権が先月27日から今月4日にかけて韓国・大邱(テグ)で開催された。今月1日に行われた男子4×400㍍リレー予選には廣瀨英行(総4)が出場。日本はバトンミスが響き、予選1組7着と決勝には進めなかった。

廣瀨は第4走で出場。1走の高瀬慧(富士通)が他チームとの差を感じさせず、金丸祐三(大塚製薬)へと5位で順調に繋いだ。

しかし3走の石塚祐輔(ミズノ)とのバトンパスで、ミス。2人の距離が詰まり、立ち止まる格好となってしまった。この間に他チームとの差が開き7位に。力走した石塚から慎重にバトンを受け取った廣瀨も力走を見せたが前を走るトリニダードトバコを抜けず、そのままのゴールとなった。

記録は3分02秒64と日本チームの今季最高記録をマークしたが、予選敗退となった。

関連記事

  1. 9月卒業式・入学式を挙行 新たなスタート祝す
  2. 先生の足跡辿る旅スタート ~1500キロ踏破目指す
  3. 文学部 印東太郎賞を制定
  4. 塾生10人、公然わいせつで書類送検 未だ処分決まらず
  5. 慶大、修学支援奨学金を新設
  6. 神経系の謎を解明 心不全治療に新たな展望
  7. 小栗康平監督講演~最新作『埋もれ木』上映と対談
  8. SFC・芝共立オープンキャンパス 通常規模で開催







PAGE TOP