日吉研究所

《日吉研究所 FILE No.4》中目黒編

日吉駅からおよそ15分。急行電車に乗って辿り着いたのは、都会の喧騒と豊かな自然が混在する街・中目黒。オシャレな街というイメージの強い中目黒だが、実際華やかで個性的な雑貨屋やカフェが多く立ち並んでいる。
今回私たちは、日々の学生生活を彩る素敵な体験を求め、オシャレで個性豊かな二軒のお店に足を運んだ。

 

green bean to bar CHOCOLATE 中目黒店

最近「あそこにカフェオープンしたよ!」だとか、「おしゃれなカフェに行きたいな」という言葉をよく耳にする。女子高生や女子大生だけでなく、すべての世代で一大ブームとなっている「カフェ巡り」。その「カフェ巡り」にオススメな店として、今回我々が取材したのは中目黒駅から徒歩10分のところにあるチョコレート専門店、「green bean to bar CHOCOLATE」だ。

まず目を引くのが、お店の前を流れる目黒川にも負けない外観のおしゃれさである。そしてお店の中に入るととても広く落ち着いた雰囲気で、チョコレートを作っている作業場がガラス張りとなっており、カカオ豆がチョコレートとなるまでの工程が見られるようになっていた。これには「五感で感じられるチョコレート作り」というコンセプトが関わっており、さらに月に1度のワークショップではお客様自身がチョコレート作りを実際に体験できるという。

また、豆から全14工程を経て繊細に作っているため、口どけや手作り感にこだわっているという。カカオ豆の原産地だけでもペルーやベトナム、タンザニアまで様々な国があり、豆の産地によってチョコレート一つ一つの風味が全く異なり驚いた。
細やかなこだわりは豆の選別だけでなく、パッケージにも及ぶ。こだわり抜かれたチョコレートは1枚1枚美しい和紙で包まれており、プレゼントにもぴったりな見た目になっている。

 

14工程の作業とそれぞれのカカオ豆

細やかなこだわりは豆の選別だけでなく、パッケージにも及ぶ。こだわり抜かれたチョコレートは1枚1枚美しい和紙で包まれており、プレゼントにもぴったりな見た目になっている。

ペルー産カカオ豆を使用した人気商品 ALPACA

これから夏に向けてパフェが登場したり、柑橘系フルーツを使用したさっぱりとしたチョコレートは年間シリーズで登場。新しいチョコレートタブレットも増えていくとのことでますます目が離せない。

最後にみんな大好きインスタ映えについてだ。おしゃれな外観や内装に加え、商品も非常にかわいらしかった。1番のおすすめはエクレアで奇抜な見た目のみならず、濃厚なチョコクリームの美味しさにも心が躍った。

とてもおしゃれなエクレア

こだわりぬいたカカオ豆からなる絶品チョコレートと、五感で楽しめるチョコレートづくりを体感しにぜひgreen bean to bar CHOCOLATE中目黒店へ足を運んではいかがだろうか。

 

TRAVELER’S FACTORY NAKAMEGURO

次に訪れたのは、中目黒駅から徒歩数分、「トラベラーズノート」の聖地とされるトラベラーズファクトリー中目黒だ。

おしゃれな存在感の外装

トラベラーズファクトリーは、「トラベラーズノート」を中心にノートを自分らしくカスタムするアイテムや、旅をより一層楽しくする文具、世界中からセレクトした雑貨を取り揃えているお店だ。お店に入ると、そこはこれから旅に向けて準備する人が集い、より一層旅を輝かしいものにするためのアイテムがそろう、「オシャレな基地」という印象。目を引く文具や雑貨がそろうが、やはり1番はこのお店の大目玉でもある「トラベラーズノート」であろう。

「トラベラーズノート」とは、使い込むほどに味と風味が出る牛革素材のカバーと、書きやすさにこだわったオリジナルのノートリフィルを自分好みにあわせてカスタマイズする、この世にたったひとつのノートのことだ。そして、ノートに旅の感想を書くのも良し、自分で絵を描くのも良し、撮った写真を貼るのも良し、旅の思い出のスタンプを押すのも良し、使い方は幾万通りもあり、自分色に染めることが出来る。時間がたくさんあり、旅行をすることが増えるだろう大学生には、ぴったりであること間違いなしだ。しかし、このノートは旅限定のものではない。「旅するように毎日をすごす」をコンセプトにしているので、日々を楽しくさせ、クリエイティブに過ごしてほしいという願いもあり、普段の生活でも持ち歩く事も出来る一品だ。

種類が豊富な「トラベラーズノート」

1階は、このように「トラベラーズノート」を中心に、それをカスタマイズするアイテムが充実している。そして、「トラベラーズファクトリー」には2階にもスペースがあり、2階はノート片手にくつろげるカフェスペースになっている。このスペースでは、1階で販売しているオリジナルのコーヒーを飲みながらノートを書いたり、カスタマイズしたり、国内外のトラベラーズファクトリーファン同士の意見交換の場にもなっている。また、月に1度ぐらいのペースでイベントやワークショップを開催している。このスペースで、1階で買った真っ白のノートを、自分色に変えていくのは有意義な時間になるのではないだろうか。そして空きコマにこの場所を使い、人生という旅について考える機会にしてほしい。

2階のカフェスペース

 

 

関連記事

  1. 《日吉研究所 FILE No.2》田園調布・多摩川編
  2. 《日吉研究所 FILE No.3》 新宿編
  3. 《日吉研究所 FILE No.3》元町・中華街
  4. 《日吉研究所 FILE No.3》 自由が丘編
  5. 《日吉研究所2020 No.7》店主のこだわり詰まったひようらラ…
  6. 《日吉研究所 FILE No.3》 みなとみらい編
  7. 《日吉研究所 FILE No.3》中目黒編
  8. 《日吉研究所 FILE No.2》武蔵小杉・元住吉編







PAGE TOP