【CAMPUS IDOL】文学部美学美術史学専攻3年 中島百合香さん

合流場所は指定したものの、相手の顔を知らない。「オーラで分かるのでは?」と付き添いのベテランに言うと、彼は曖昧な表情を返してきた。ごめん。

まあしかし、分かったのだ。多くの学生が行き交う中、テーブルにもたれ、新聞にアンニュイな視線を落とす女性がいた。

声をかけると、はっと彼女は顔を上げた。中島百合香さん。控えめにウェーブがかかった暗髪と真っ直ぐな瞳を見て、芯の強い人だ、と直感した。

写真撮影はコンクリ調のバルコニーで行った。寒露も近いのに日差しが厳しい。移り気な風に髪をなびかせ、彼女は語る。

「運転が大好きなんです」

時間を見つけては気の向くままに車を走らせる。レンタカー屋でバイトを始めて以来ぐんぐんドライブにのめり込み、今や遠征もお手の物だ。最近は静岡、その前はハワイ。チャンスがあれば国際免許も手に入れたいらしい。

食べることも好きだという。最近は激辛料理を求めて上海を訪れた。

―で、どうでした?

「割といけました」

彼女はにこり、否、にやりと笑みを浮かべた。

―他に海外で印象に残った食べ物はありますか?

「高校生のときカンボジアに行ったんですけど」

―はい

「タランチュラの素揚げが」

―……ん?

「『うーん……』って感じでした」

パリパリしてましたよ、と彼女は言い添える。決して味を褒めようとしないのが気になったが、本人は嬉しそうだ。総じて、好きなことを語る彼女は快活そのものである。

残り取材時間5分。最後にアレ、いってみよう。

―理想の男性像は?

「まず見た目ですけど、垂れ目に吊り眉、背は低めが良いですね。生田斗真さんみたいな」

―(これ記事に書いたら皆鏡見るんだろうなあ)

「性格は、頭の狂っ」

―もうちょっとソフトに

「あー……常軌を逸した発想力、面白さを持っている人が好きです」

フツーの人ではつまらない。世界の彩りを知る彼女を満足させるのは至難の業だろう。

今はできる限り旅行をしたいという。西へ東へ、海の向こうへ。アクティブ&フリーダムな彼女の旅はまだまだ続く。
(暴れまわるパワポマスター)


撮影・岩崎有沙