【MISS KEIO CONTEST 2015】No.6 山田来夢さん(経済学部4年)


―大学生活で一番頑張っていることは何ですか?
「今はゼミの活動に力を入れています。時間を有意義に使いロスをしないように心がけています。一年生の時はサークル、二年生の時はバイトに力を入れていました。そして三年生の時に入った会計学、計量経済学のゼミでは三田論が大変で朝から晩まで没頭していたのがいい思い出です」

―他の候補者に負けない自分の強みは?
「タフさですね。体力的だけでなく精神的な面も含めてそうです。自分がやろうと決めたことは最後まできちんとやり遂げたいと思っています。私の場合、バイトやサークルそしてゼミなどやりたいことがたくさんありました。あまり睡眠時間が取れない時もありましたが、全く平気でした」

―コンテストを控えた今の気持ちは?
「気がついたらもう一カ月か…という感じです。私にとってミス慶應というものは高嶺の花だったので自分がミス慶應候補だという実感があまりわいてきませんでした。ですが最後のフィナーレでやりきったと思えるように残りも頑張って活動に取り組みたいと思います」

―なかなか一歩前へ足を踏み出せない人へアドバイスをお願いします。
「とりあえず何かを口に出して伝える前に、まずは自分の考えを整理するようにしましょう。伝えたいことは何か、をきちんと自分の中で咀嚼し整理してから、みんなに伝えるように心がけてみてはいかがでしょうか。自分の中に何があるのかきちんと整理できると、自然とそれを誰かに『伝えたい』という気持ちに繋がると思います」

―あなたにとって美とは何ですか?
「まず外見だけでなく内面もしっかりしていることが大切だと思います。自分の中でしっかり芯を持っていて、きちんと筋が通っている人に美しさを感じます」


******
【MISS KEIO CONTEST 2015】No.1 松代杏奈さん(法学部3年)
【MISS KEIO CONTEST 2015】No.2 小川真美子さん(経済学部4年)
【MISS KEIO CONTEST 2015】No.3 千須和侑里子さん(法学部3年)
【MISS KEIO CONTEST 2015】No.4 新井椎己さん(環境情報学部2年)
【MISS KEIO CONTEST 2015】No.5 中川安奈さん(法学部4年)


PICK UP:

  1. 命削って貫いてみせる 青函トンネル、13日に開業30周年
  2. 日本の風薫る街 地震が襲った台湾・花蓮県に行く
  3. 《受験生応援特集》英語講師・関正生先生に聞く 塾生の英語との向き合い方とは